PCゲーム、声優、ネットラジオ、アニメ等に関する雑記。リンク先には18歳未満禁止の所もあるのでご注意ください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋と選挙とチョコレート 感想
spriteさんより2010年10月29日に発売した『恋と選挙とチョコレート』をプレイしました。

青海衣更 応援バナー 600x120px spr001bn022

メーカー:sprite
タイトル:恋と選挙とチョコレート
ジャンル:ADV
発売日:2010年10月29日
原画:春夏冬ゆう
シナリオ:堅木功
音楽:Elements Garden
アーティスト:川田まみ、舞崎なみ、Ceui、他

キャスト
住吉 千里 (すみよし ちさと) CV:杜若桔梗
森下 未散 (もりした みちる) CV:井ノ原理子
木場 美冬 (きば みふゆ) CV:鳴坂ありす
東雲 皐月 (しののめ さつき) CV:小夏スミレ
青海 衣更 (あおみ いさら) CV:杏津御津

枝川 希美 (えだかわ のぞみ) CV:桃井穂美
猿江 愛 (さるえ あい) CV:佐藤ちよこ
門前仲 綺衣 (もんぜんなか きい) CV:月代薫
夢島 朧 (ゆめしま おぼろ) CV:緒方恵美
毛利 夜雲 (もうり やくも) CV:隼人朱雀
辰巳 茂平治 (たつみも へいじ) CV:木島宇太
佐賀 玲二 (さが れいじ) CV:柴木幕流
有明 美絵瑠 (ありあけ みえる) CV:榊原ゆい
汐浜 陽高 (しおはま ひだか) CV:睡蓮








何度やっても入れないのんちゃん先輩ルート(´・ω・`)
なにこればぐですか?



※以下ネタバレなしの感想です。




■最初に(購入理由など)
独特な絵と雰囲気に惹かれて以前から気になってた作品でした。
衣更役に好きな声優である「杏子御津」さんであったり、
相互さんでこの作品を猛プッシュしている方がいて、自分も発売を楽しみにしていました。

恋チョコの舞台が自分が昔住んでいたところに非常に近いので
かなり親近感沸いてしまったのもありますね。
自分がよく行っていた木場公園とか恋チョコの作品内に思いっきり出てきますし、
そこで行われる某おまつりで焼きそば作って売ったのが良い思い出ですねぇ。



■ストーリー
「だったら、部員のだれかが立候補して、選挙に勝てばいいんじゃない?」

“恋” をしたい大島裕樹と “チョコ” が嫌いな住吉千里。
幼なじみのふたりは、五千人を超える学生数を誇るメガ学園 『私立高藤学園』 に通う二年生。
以前からの友人であるクラスメイト・木場美冬と共に、
食品研究部 (通称:ショッケン) に所属していた。
食品研究といっても、部費で購入したお菓子をただ消費するだけで、
らしいことは何一つしていない。まさにダメクラブ中のダメクラブ。
それでも、部員たちにとっては仲間と楽しい時間を共有できる、かけがえのない場所だった。

しかし、そのショッケンに危機が訪れる。
次期自治生徒会長選挙に立候補する有力候補の東雲皐月が、
乱立した無実績の部活動を整理するという公約をあげたのだ。
なかでもショッケンは、名指しで廃部だと言い渡されてしまう。
廃部回避のため、あれこれ策を巡らす部員たちだが、今更実績を残すといってもどだい無理な話。
最終的に行き着いたのは、選挙で皐月に勝ち、彼女の公約を潰してしまうという方法だった。

可能性はないと首を振る裕樹に立候補を迫る千里。
幼なじみの無茶振りに抵抗するが、結局は立候補させられてしまう。
最初はやる気ゼロの裕樹だったが、部員たちが頑張ってるところや、
中途入部で感情をあまり出さない森下未散が
ショッケンに愛着を示す姿を見せられるうちに、気持ちが変化していく。

一方で、偶然知り合った経済特待生の後輩・青海衣更と
接するうちに見えてきた、学園の問題点……。
部活を守り、学園を改革するには、生徒会長になるしかない。
決心した裕樹は、本気で選挙戦を戦い始める、仲間と共に――





■感想

恋チョコは青春ストーリー

スラスラと読める文章構成で途中で飽きることなく一気にプレイできました。
かなりクサい台詞がいっぱい・・・でも作品の雰囲気にすごく合ってるので全く気にならなかったです。

立ち絵のあるキャラはみんな個性が立っていて良かったと思います。
千里の登場回数が多いので千里が好きか嫌いかによって
この作品の好き嫌いも分かれてきそうな感じですね。

主人公も鈍いだけの主人公じゃないのもポイント高かったかと。
ただのテンプレ主人公ではなかったので感情移入しやすかったです。

笑いに関しては正直なところちょっと弱めなのですが
話の軸である選挙戦の展開が面白かったので気にならなかったです。
ストーリーもどこかで見たことあるような話ばかりではなかったのでオリジナリティ感じましたね。
選挙を題材にしたエロゲってやったことなかったのもありましたし非常に新鮮でした。

なかなかに突飛な設定もあったりでちょっとそれはどうなん?
・・・って思うことも多々ありましたが深く気にするに至らなかったので問題なかったです。
この点は物語に入り込んで読んでいたから気にならなかったのだと思います。

少なくとも買って損する作品ではないです。
自分は非常に楽しめました。

なんだか雰囲気的にFDが出る予感がすごいのでそうなったら買います。




■お気に入りキャラ
衣更、千里、のんちゃん先輩、夜雲会長



■お勧め攻略順
最初のルートは固定です。
未散を最後に攻略する方がいいかなと思います。



■プレイ時間(管理人は他の人よりプレイ時間は遅いほうです)
たぶん30時間前後



■備考
通常版が2010年11月19日に発売予定






※下記より完全にネタバレありの感想です。
続きを読む

うたてめぐり 感想
FLATさんより2010年5月28日に発売した『うたてめぐり』をプレイしました

『うたてめぐり』はじまります。

メーカー:FLAT
タイトル:うたてめぐり
ジャンル:恋とバトルの学園ADV
発売日:2010年05月28日
原画:己即是空
シナリオ:TBH、寺月恭一、小林敦、yozakura、中二王子
音楽:Shibayan、埼玉最終兵器、ティームエンタテインメント、バータク、くれい☆もあ
アーティスト:遊女、Duka、真理絵、miru

歌手:遊女/OPテーマ『Causal Chain』
作詞/作曲:寺月恭一/なるちょ


キャスト
織姫 恋花 (おりひめ れんか) CV:風音
神無城 琴子 (かんなぎ ことこ) CV:芹園みや
九条 由衣音 (くじょう ゆいね) CV:佐本二厘
リベカ=アルベルト CV:桜川未央
藤原 巴 (ふじわら ともえ) CV:かわしまりの
日野原 焔 (ひのはら ほむら) CV:榊原ゆい
鏑木 椎 (かぶらぎ しい) CV:さくらはづき
栃ノ木 一馬 (とちのき かずま) CV:増岡太郎
織姫 夏子 (おりひめ なつこ) CV:草柳順子
幸徳井 聖 (こうとくい ひじり) CV:三根剣一
神無城 清十郎 (かんなぎ せいじゅうろう) CV:東条龍二

その他キャストに
一色ヒカル、一条和也、北都南、みる、楠鈴音、西野真人、南、天神祭・・・など。










※以下ネタバレなしの感想です。




■最初に
先日プレイした同メーカーの作品の「シークレットゲーム」がすごく面白かったことと、
最近はニコ生放送でFLATさんの放送を観るようになったのでゲームを始めてみました。
あとFLATライターの樹原新さんがうたてめぐりのEDの「Sign」をニコ生放送でよく歌うから気になったってのもありますw


■ストーリー

全4編で送る異能力者たちの戦いが今、始まる――
私立宵葉(よいは)学園に通う主人公・日高皐月は一見普通の青年。
人と少し違うところといえば、“眼を合わせることで他人の力を吸い取れる” ということ。

彼の幼なじみ・織姫恋花は異世界人と人間のハーフの少女で、“異能力” と呼ばれる力をもっている。

そんな二人の前に現れた美少女転校生・リベカ・アルベルト。
彼女は異世界と敵対する組織から送り込まれた暗殺者だったのである。

恋とバトルの学園アドベンチャー『うたてめぐり』
はじまります。



■音楽
シークレットゲームの時にも思いましたが、
FLATさんは歌にかなり力を入れてるんだなと確信しました。

・OP「Causal Chain」(Vo.遊女)
・挿入歌「I S I」(Vo.Duca)
・挿入歌「Startline」(Vo.遊女)
・挿入歌「ひとつだけの願いごと」(Vo.真理絵)
・挿入歌「光の溢れるときには」(Vo.Duca)
・ED「Sign」(Vo.miru)

ボーカル曲6曲、いずれも心に残る歌になってます。

特に『Sign』は、うたてめぐりの歌の中で一番好きになりました。
miruさんがこの歌をとても切なく歌い上げるので、聴いていて目頭が熱くなります。
そしてボーカルの『miru』さんってミルノ純さんだったんだ・・・メチャクチャ歌上手だなぁ。。。


■攻略順
章を読み進んでいくストーリー構成なので気にしなくて大丈夫です。
↓ちなみに攻略可能なキャラはネタバレになるかもしれない為、反転文字にしています
攻略可能なキャラは「恋花」「琴子」「由衣音」の3人
↑どうしても気になる方のみ閲覧推奨


■パッチ有り(2010年10月15日確認時点で)
「うたてめぐり 初回限定版」用のアップデートパッチver1.1があります。
※通常版は未確認です。


■プレイ時間(※管理人は人よりプレイ速度が遅い方です)
25時間~30時間くらい


■お気に入りキャラ
琴子、焔、カレン、巴、漣蔵


■感想
前作『シークレットゲーム-KILLER QUEEN-DEPTH EDITION』同様に
プレイモチベーションが下がることなくプレイできました。
章構成で作品が作られていて物語の魅せ方も工夫してあるなと感じる場面もたくさんありました。
バトル物としてはかなりアツイ展開もあったのが良かったです。

今回もゲーム中に出てくる「選択肢」が皆無でしたが、
これがFLATさんの物語を作る上での色なのかなと思いました。
最初は選択肢がないなんてゲーム性がないなぁ・・・なんて思っていましたが、
選択肢がないということはその分物語を読み進めることに集中できるんですよね。
悪いだけのものじゃないと認識を改めました。

公式HPの情報とか何も読まないでプレイしたので、
攻略できると思っていたキャラが攻略出来なかったのはかなり残念でしたね。
攻略出来ないキャラにHシーンがあっても良かったと思います。

キャラは特に琴子がツボでしたね。
照れてる立ち絵と怒ってる立ち絵が凶悪なまでに可愛くて可愛くて・・・
個人的にはもっとイチャラブシーンを見たかったですね。

FLATさんの次回作がどんなゲームになるかわかりませんが、
今回の「うたてめぐり」が楽しめたので間違いなく購入するでしょうね。

10月21日のFLATさんの新作発表が今から楽しみです。



※下記より完全にネタバレありの感想です。
続きを読む

シークレットゲーム -KILLER QUEEN-DEPTH EDITION 感想
FLATさんより2009年4月24日に発売された、
『シークレットゲーム -KILLER QUEEN-DEPTH EDITION』をプレイしました。

やろうやろうと思ってたらいつの間にか1年以上経ってました・・・

「シークレットゲーム-KILLER QUEEN-DEPTH EDITION」

メーカー:FLAT
タイトル:シークレットゲーム -KILLER QUEEN-DEPTH EDITION
ジャンル:サスペンスアドベンチャー
発売日:2009年04月24日
原画:己即是空
シナリオ:健速、企画屋、座敷猫、
音楽:Shibayan、なるちょ、831
歌手:遊女/OPテーマ『シークレットゲーム』

キャスト
遠藤紗哉(姫萩咲実)
天神祭(矢幡麗佳)
梨本悠里(綺堂 渚)
紅月ことね(北条かりん)
北都南(色条優希)
HARUNA(陸島文香)
里都(郷田真弓)
大久保けんたろう(葉月克巳)
水瀬慮介(高山浩太、漆山権造)
南(長沢勇治)
一条和矢(手塚義光)






3日で叶う恋もある―

・・・ってキャッチコピーもあながち間違いじゃないと思う




※以下ネタバレなしの感想です。




■最初に
最近プレイしたゲームは学園モノばかりだったので、
何か変わったゲームがやりたいなーと思ってました。
そこで今まで積みっぱなしになっていた「シークレットゲーム」を
発見したので早速プレイすることにしました。
ちなみにシークレットゲームって同人版やPS2版など
色々発売されているみたいですが、これが初プレイになります。


■ストーリー

閉鎖された廃墟、閉じ込められた13人のプレイヤー
仕掛けの仕込まれた首輪、トランプを模したPDA
72時間以内に与えられた条件をクリアしなければ首輪の仕掛けが発動する

こんな非現実的な状況を簡単に受け入れてしまうのは、
目の前に転がったそれが、かつて人間だったモノだからなのだろう



■キャラ
登場キャラは全員個性的。
13人全員にしっかりとした見せ場があるのもポイント高いです。


■音楽
歌曲が秀逸でした。

「シークレットゲーム」
「トラワレビト」
「桜花想恋」
「散って、咲いて」

このゲームの購入目的の3分の1を占めていた、上記ボーカルソングが素晴らしい歌ばかりでした。
中でもEDで流れる「散って、咲いて」は名曲だと思います。
※ゲームにはフルバージョンのボーカル曲&BGMが全て収録されたサントラが同梱されています。


■攻略順
気にしなくて大丈夫です。


■パッチ有り(2010年8月24日時点で)
ver1.02
当てたほうが良いです(当ててもまだいくつか誤字があります)


■プレイ時間
20~25時間(1ルート5時間ほど)


■お気に入りキャラ
優希、麗佳、渚、手塚


■感想

『信頼』というものが如何に大事なのかと気づかされるそんなゲームでした。

そして今まで積んでおいたのは失敗だったな、と。。。
最初から惹き込まれていくストーリー構成でモチベーション下がらずにプレイできました。
ただ結構予想がつく展開が多いので良い意味での驚きは少なかったかなと。。

その内容からグロ描写などもあるのかなと思ってましたがそういうのはありませんでした。
なのでグロ苦手な人でもプレイできると思います。

全体的に良作の部類に入ると思いました。
兎に角、先行き気になるストーリーで面白かったです。

『シークレットゲーム2』が出るなら間違いなく買いますね。









※下記より完全にネタバレありの感想です。
続きを読む

黄昏のシンセミア プレイ終了 感想など
『黄昏のシンセミア』を応援しています!

メーカー:あっぷりけ
タイトル:黄昏のシンセミア
ジャンル:絆を受け継ぐ純愛ADV
発売日:2010 年07月22日
原画:オダワラハコネ
シナリオ:桐月
音楽:鷹石しのぶ
楽曲:Angel Note
歌:佐藤ひろ美/OPテーマ『夏のファンタジア』

キャスト
平山紗弥(皆神 さくや)
夏野こおり(岩永 翔子)
青山ゆかり(春日 いろは)
芹園みや(銀子)

柚木かなめ(岩永 皐月)
青葉りんご(高見 沙智子)
芹沢せいら(南戸 朱音)
有栖川みや美(稲垣 美里)




※ここから下はネタバレ無しの感想
ちなみに体験版感想の記事はこちらから→『黄昏のシンセミア 体験版をプレイしました』




■最初に
体験版で続きが気になったこと、さくやがかわいかったこと、
好きな声優さんがたくさん出演されてたことなど色々理由がありますが、
購入しようと思った理由で一番大きかったのは、
公式サイトの『開発コラム』『5分で分かる、黄昏のシンセミア』を読んだからですね。

それらに書かれてることを全て読んだら、
このゲームに対する期待感がいつの間にかものすごく高まってきてました。
開発スタッフの作品に対する姿勢や考えが分かることってあまりないので新鮮でしたし、
語られている内容が同時にこの作品のアピールになっていましたし、読んでて非常に興味深かったです。

ただコラムなどは、長文ってこともあって作品に興味がない人はほとんど読みませんよね。。
僕も最初は体験版をプレイするまで読んでいませんでした。
なので少しでもこの作品に興味を持ったら是非読んでみてほしいですね。
プレイを迷ってる方にはきっと購入の後押しをしてくれるんじゃないかと思いますw


■テキスト
読みやすく、人を選ぶことのないテキストですね。
先が気になるストーリーで早く読み進めたくなりました。
さくやと主人公の会話は、自然と漫才に発展しているので見てて楽しかったですね。
体験版やった時はこれがたくさん見られるかどうか心配してたんですけど、期待通り面白かったです。


■キャラ
主人公の孝介がポジティブなキャラで、ナチュラルに『変態』さんなので好印象。
さくやは妹の中の妹だった。黄昏のシンセミアは至高の妹ゲー!
翔子ちゃんの何も知らなさがはいとk ゚A`)≡〇)`Д゚).・;'∴
いろはは良い幼馴染。この作品中で一番しっかりしてた子だと思う。
銀子さんは年上なのに年上っぽくないところが素敵。照れた顔がたまりませぬ。。


■システム
フローチャートが恐ろしいまでに便利。
これのおかげでセーブ・ロードを気にする必要はないし、
誰のルートに入ったかもチャートのブロックを見れば一発でわかる。

マウスホイールで拡大縮小も出来るし、
付箋モードをONにすることによって、
自分で細かい設定ができます(例えばブロックの色を変えたり、文字を変えたり、噴出しをつけたりなど)

細かい点でいくつか気になるところはあるのですが、
フローチャートに関してはこれでほぼ完成と言えるでしょうね。
全てのAVGに実装して欲しいくらい、素晴らしく使いやすいシステムでした。
ワムソフト(このシステムを作った外注のプログラム制作会社)さんまじスゲー。


■OP、BGM
OPの『夏のファンタジア』は何度もリピートして聴きたくなるほどでした。
切ないのだけど爽やさも感じられる素敵な曲だと思います。

BGMもOP含めると全部で40曲あるんですよね。そのどれも素晴らしい
中でも、『華麗奔放』は明るい未来への希望を自然と感じさせるとても綺麗な曲です。
『夏のファンタジア アカペラVer』『Long for・・・』は流れた場面のせいもあって、聴くとホロリとしてしまいますね。。。
関係ないですけど『依り代』聞いた時、イノグレの『クロウカシス』思い出したw


■プレイ時間
全ルート計、30~35時間くらい。
※ボイスは聞いたり聞かなかったりで進めました・・・


■お勧め攻略順
『さくや』を最後にするほうがいいと思います。
あとはお好きな順で。


■お気に入りキャラ
さくや、銀子、翔子


■パッチ有り(2010年7月30日付け)
Ver1.01(演出強化&誤字修正などのパッチ)

※このパッチを当てると、一部のセーブデータでセーブ位置がずれる場合がございますが、
 基本的にはそのままセーブデータが利用可能です。

とのことなので当てたほうが良いです。


■備考
2010年8月26日(木)に通常版が発売予定(特典無しで7800円)


■最後に
買って損がない作品だと思います。
またオールクリアしないと意味のない作品なので最後までプレイ必須です。
バグや開発姿勢の点から見ても『あっぷりけ』は
昨今のあかべぇそふとつぅブランドと同一視してはいけないと激しく思いました。
・・・大きな声では言えないですけどw





■その他
主人公は『ロリコン』で『シスコン』で『マザコン』
そんな彼が大好きです。










※以下ここからはネタバレ有りの感想
続きを読む

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~ 感想
『処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~』絶賛発売中!!

メーカー:キャラメルBOX
タイトル:処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~
発売日:2010年06月30日
原画:のり太
シナリオ:嵩夜あや
音楽:ZIZZ STUDIO
企画、ディレクター:嵩夜あや
歌:YURIA/OPテーマ『アンダーハンデッド・ガール』
  :榊原ゆい/挿入歌『君のままで』
  :榊原ゆい/挿入歌『移りゆく花のように』
  :美郷あき/EDテーマ『陽だまりの中へ』

キャスト
・菜ノ花さくら(妃宮 千早) ※主人公
・波奈束風景(七々原 薫子)
・大花どん(度會 史)
・榊原ゆい(哘 雅楽乃)
・森保しほ(冷泉 淡雪)
・生駒あるひ(ケイリ・グランセリウス)
・青山ゆかり(神近 香織理)

・誉多衿紫苑(栢木 優雨)
・小倉結衣(皆瀬 初音)
・かわしまりの(石動 塞)
・倉田まりや(宮藤 陽向)
・本山美奈(真行寺 茉清)
・山田結(鳥橘 沙世子)
・桐戸菜乃(蒔田 聖)



※ここからネタバレなし感想

■前作について
『処女はお姉さまに恋してる』をプレイしてなくても楽しめます。
逆に2→1のプレイ順でも楽しめるんじゃないかと思いました。


■最初に
以前プレイしたおとボク1が面白かったのと、
相互さんがこの作品を楽しみにしていたことが伝染した為、つい買ってしまいましたw
本当はもう少し後に買うつもりだったんですけど、
初回版は現在色々な店で売り切れみたいだから、買っておいて良かったかなと思います。
ちなみに通常版が7月30日に出るみたいですね。


■テキスト
特にクセもないです。
難しい用語が出ても解説が出るので気にならなかったですし。
笑いに関しては、腹を抱えて笑うというよりも、微笑ましい笑いが多いって感じでしたね。


■キャラ
全体的に個性的なので○
個人的には、雅楽乃と淡雪が抜きん出て魅力的でした。


■システム
『次の選択肢へ』のおかげですぐ次の選択肢へと進めるので、2週目以降のプレイがすごく快適でした。
クイックセーブ&ロードがないものの、『直前選択肢へ』があるのでこちらも問題なし。
「ゲーム設定」画面もすっきりしててイイ感じでした。

全体的に不満点はなし。


■プレイ時間
全ルート計、40~45時間くらい。
※ボイスは全部聞かないで内容を理解したらさっさかクリックしてのプレイ時間です。


■お勧め攻略順
特になし。好きなキャラからで問題ないかと。


■お気に入りキャラ
雅楽乃、淡雪、優雨


■パッチ
有り(演出強化パッチ)


※以下ここからはネタバレありの感想。
続きを読む
Copyright © ZAGOLの日記帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。