PCゲーム、声優、ネットラジオ、アニメ等に関する雑記。リンク先には18歳未満禁止の所もあるのでご注意ください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なないろリンカネーション 発売記念イベントに行ってきました
10月1日にアキバ☆ソフマップ☆1号館で行われた
「なないろリンカネーション 発売記念イベント」に行ってきました。そのレポートです。

なないろリンカネーション

※メモなどを取っていないので、会話が前後してたり、
出演者さん達の言葉のニュアンスが違う可能性がありますのでご留意ください。


☆イベント内容だけを読みたい方はこちらをクリック☆ (オススメです)


20141002_01.jpg

20141002_04.jpg

20141002_05.jpg

■17:25~イベント開場前まで
20141002_06.jpg
秋葉原に着き、アキバ☆ソフマップ☆1号館へ。
フロア6FのサンジゲンエッティDVD売り場で待機。私の前に一人だけ居られました。
そしてどんどん集まっていく参加者さん達が特に言葉もなく自然に列形成をしていくという。
人数が増えていき後ろの方の列が詰まりそうだったので
前の方に「少し列を詰められた方がいいかもしれません」と進言。
そこから会話のきっかけを掴みました(フフリ)

「こうやって何事も無く列が作られるのは日本人ですよね」と私が。
「日本人は並ぶの好きですから」と後ろの方が。
「確かに」と私。前に並ばれていた方も大きく頷いておられました。

ちなみに列形成の案内ってソフマップのスタッフさんがするものだとばかり思ってましたけど、
特にそういうのはないんですね。ちょっと意外でした。(けして文句ではありません)
でもこうやって何の問題もなく列が作られるのなら確かに必要はないかもですね。


そして17:50頃に7F待機スペースへ。
7Fから8Fへはエレベーターでしか行けません。エスカレーターがないのです。

前後の方達と少しだけお喋りさせて頂きつつ時間まで待機。
前の方はこの同じ場所で先週の「ものもの」イベントに参加されていたと仰っていました。
「ななリンはプレイされましたか?」と伺ったら、
「土日も出勤の社畜にはプレイする時間がありませんでした」と笑顔で仰っていました。(ノД`)
ちなみに、ちらりとお見かけした感じだとお持ちのカバンがサガプラ作品、だった、かなぁ。
可愛らしい絵柄のカバンを身につけておられました。

そして開場時間が近づきました。整理番号順で10人ずつ呼ばれます。
って「当選チケットの裏に整理番号書いてあったのか・・・!」と今この段階で知る私。
番号見たら「000148」…っておっそ。番号おっそ!
それはそうだ、発売日に当たり棒引いたのが19時くらいなんだからそりゃ遅いよね。
お喋りさせてもらってた後ろの方は番号1番という。
「朝イチで行って一番に引いたから!」と力強く仰っていました。
なんとカッコイイ…気のせいか会場へ向かわれるその姿からは後光がさしているように見えました。

そしてファーストの方の後ろに並ばれてた方に
「ななリンクリアされました?」と尋ねたら
「はい、全部やりました」
「じゃああの…」
「はい、はい(目が「わかります」と告げている)」
「やーななリン、ホント凄かったですよね」と言っただけで、
「ええ、本当に」と深く頷いて下さったので、
「あ、俺ら見ず知らず同士で通じ合ってる、今通じあってるよ!」って心の中でヒャッホゥしてましたw

■8Fイベント会場へ
B2F(ちかにかい)さんをお見かけして、そそくさと近づきご挨拶。
当選されたとブログにも書かれていたので、きっと来られるだろうと確信しておりました。

「ななリンクリアされましたか?」とお伺いして、
「今日の朝クリアしました」とちかにぃさん。
「ザゴルさんはななリンどうでした?」と訊かれたので少しばかり感想を伝えました。
お話をしていたら、ちかにぃさんの番号が呼ばれる時が近づいてきました。そしたら思いがけず、
「じゃあ良ければこのあとどうですか?」とお誘いを受けたので二つ返事で
「ぜひぜひっ!」と食い気味で応えましたw
私、自分からお誘いするのちょっと苦手なんですごく嬉しかったです。

そして私も番号が呼ばれてエレベーターを使って8Fイベントスペースへ。
おそらく100人居るかいないかぐらいの参加者数でしょうか。
そして手荷物検査と危険物がないか確認するデッカイ虫メガネ的アレ(多分伝わらない)で全身チェックされました。
最近何かと物騒だからね。スタッフさん達も大変だよね。




■イベント開始
司会進行はシルキーズプラス広報「たま」さん。
そして序盤のゲスト「今俊郎(こん としろう)」さん。お呼ばれされたそうです。

秋葉原のエロゲイベントの名物司会と言えば「今」さんですよね。
本日もマシンガントークが冴え渡っていました。
なんでも広報のたまさんとは昔からの知り合いだとか。
あれ?広報のたまさんって確か「広報1年目の新人です」って仰っていたような…?
あ、そうか、シルキーズプラスとして1年目なのか、と。
でも何だか含んだ言い方だったような…まぁ深く詮索しない方がいいのかなw


た「今日のスタッフはみんな、ななリンTシャツ(なないろリンカネーションのロゴが入ったTシャツ)で統一しています」 
た「電気外祭りの時もキャララの時もイベントの時はこれ(着ているTシャツを引き伸ばしながら)を着ていたのでだいぶ使い込まれてます(笑)」


■ーーお話はエロゲ雑誌の話に

今「テックジャイアンねー…高いよねー(笑)(しみじみと)」 会場ドッと笑い
今「1,680円だもん。5冊買ったらエロゲ買える。だったらエロゲ買ってもらったほうがいいもん」
今「だって原稿料もらってるし、君らがテックジャイアン買っても私にはお金が入ってこないからね(笑)」
た「テックジャイアンさんこれから居らっしゃるのに(笑)」
テ「1680円のテックジャイアン編集部のーーです(笑)」
(すみませんお名前聞きそびれましたが偉い方だったのは間違いないです)

今「スペシャルDVDの中にある、エロゲの体験版はテックジャイアン仕様なんですよね」
今「メーカーに負担かけてますよねアレ(笑)」
テ「あぁ、もう、ホント申し訳ないです…(非常に申し訳なそうな顔をされながら)」

今「今はネットを見れば攻略サイトとかありますからね。」
テ「テックジャイアン高いですよね。だから私達は雑誌でしか伝えられない良さをどんどん出していきたいと思っています」

雑誌は売れにくくなってるというお話。
個人的には雑誌で一番読みたいのはライターや原画家、声優のインタビュー記事や対談です。



■ーーそして次回作の話

た「シルキーズプラスは次回作、もう動いてます!」
た「今月の10月3日発売のバグバグさんの11月号ですが」
た「かずきふみさん、なかひろさん、元長柾木さんの3人の座談会がありまして」
た「そこでかずきさんが「新作」について語っています!」
なんとなくこの言い回しだと、ななリンのファンディスクではなさげな感
兎にも角にも新作、めちゃめちゃ楽しみだー!

■ーーシルキーズプラスWASABIさんが凄いという話
今「電気街祭りでシルキーズプラスさんは無料のセット配ってたよね」
今「たまさん達スタッフはホント凄いよ」
今「だってさ。普通に歩いている人に自分達から近づいていってどんどん配布物渡してるんだよ」
今「普通そんなメーカー居る?いないよね?」
今「エロゲ企業のブースはさ、基本「いらっしゃいませー」でブースの中で待ってるのが普通じゃない?」
今「で、君らユーザーは並んで買ったり並んで(無料の配布物だったら)もらう」
今「なのにたまさん達は、ブースの少し外に出て、歩いてる人に押し付けるように渡してるのよ」
「ここは東京ゲームショーかっての(笑)」 →会場大ウケ
今「普通のブランドはこんなに前に出ていかないんだよ」
今「こういうアグレッシブさがね、今の業界に足りないの」

今さんのトークっていつも鋭くて時には「え!そこまで言っちゃっていいの?」と心配してしまうことも多々あるんです。
でもやっぱりこの業界を大事にしている気持ちがこういった言葉から伝わってくるんですよね。
ほんとカッコ良かったです。


■ーーななリン体験版についてのお話
今「買うと決めたら体験版やらないひとー?」(挙手を求める動作)
→半分くらいの参加者達の手が挙がる
今「ほらー? ね? 今はそうなのよ。買うと決めたら情報はシャットアウトする人が多いの」
今「そして平日ド真ん中のこの時間にイベントまで足を運んで来てくれる。君らは選ばれた精鋭だ」 →会場笑いが起こる
私は買うと決めたら体験版はやらずにいたいのだけど、我慢できなくて体験版遊んじゃう人です(苦笑)

今「平日のど真ん中は参加難しいよね」
た「申し訳ないです。この日しか抑えられなかったんです><」
いえいえありがたいです。確かに仕事の調整するのは大変だけどね。
でも好きな作品のイベントってやってくれるだけでも、ホント嬉しいんですユーザーは。一期一会の出逢いもあるしね。



■ムーサン・ベリーさんによるミニライブ
作中の歌を歌われたムーサン・ベリーさんが壇上へ

ム「高いところから失礼します…」
上品な方だなぁという印象でした

OPの「リンカネーション」
EDの「Your ray send me」
そして最後に新曲の3曲を歌われました。
(すみません新曲のタイトル忘れてしまいましたが爽やかでしっとりした素敵な歌でした)
特に「リンカネーション」は大好きな歌なので生で聴けて感動いたしました。
歌詞カード等がないので正確な歌詞はわからないけど全部手打ちして歌詞書いちゃうくらい好きなんです。

ム「いつかは未定ですが、OPとED、そして今歌った新曲となないろリンカネーションのBGMを一緒にしたCDが発売されるので、公式サイトをチェックしていただければ嬉しいです」
恐らくサウンドトラックCDが出るということですよね。

ム「そのCDには声優さんのも入って~」
ム「あ、でもまだわからないのかな?」
といったことを仰っていたので、声優さんの歌orミニドラマなどが入ったCDになるんでしょうか。もしそうなら楽しみ。


■声優さんのトークコーナー

御苑生メイさんが壇上に。藤咲ウサさんはすぐ裏で声のみの出演。
メイメイさんは、非常に落ち着いた感じでトークをされてました。さっぱりした綺麗なお姉さんって感じですよね。
ウサさんは裏で声だけということもあり、とてもテンパッて(=めっちゃ可愛い)おられたのが印象深かったです。

御苑生メイさんと言えばあの桜川未央さんに「メイメイは業界の宝」と言わしめる程の実力を持った声優さんです。プロがプロを褒めることほど、説得力のあるものはないですよね。
というかこの方、こなせない役ないですよねきっと。それほどまでに幅広い演技が出来る方。
しかもメイメイさんの「色」を思いっきり出して演じられる。それがまた凄い。
「恋色マリアージュ」のねここの声。本当超好きなんです。当時衝撃受けました。

ウサさんと言えば小動物キャラなイメージ。ちっちゃくて可愛かったり毒舌だったり。人外キャラ多いですよね。
その流れで質問が「ななリンの他キャラだと誰を演じてみたかったですか?」

メ「葵ちゃんと伊予様ですね」
そしてメイメイさんが「ウサちゃんが演じるキャラってどんなのが多いイメージ?」(参加者達へ、挙手を求める)

参加者様A「ロリ」
参加者様B「人外」
参加者様C「可愛い系」
といった感じの答えが。確かにウサさんと言ったらこのイメージが強い気がします。

それを受けて、ウサさんが
ウ「私最初演じるのはウーパくんだけだって思ったんです」
ウ「そしたらアイリスちゃんの声もって聞いて嬉しかったんです」
ウ「私、あまり人の役が来ないので…(苦笑)」
メ「あれ?でもアイリスって人じゃなくて…」
ウ「あ!?(何かに気づく声)」
メ「鬼だよ」
ウ「あ、あぁ…あ、ああぁ…」(見えないのにがっくりうなだれるようなお姿が見えました)

ウ「人に…なりたいっ…!!」→会場笑い


最後にウサさんが、
ウ「色々な役がやりたいっ!」と大きな声で言っておられました。
これからウサさんは特にチェックしていかなきゃなと思うイベントでした。
ちっちゃかわいい系の役以外のウサさんも見てみたいですからね。

こんな素敵な役がもらえて嬉しいと、お二人が終始仰っている姿が印象的でした。
演じた声優さんが心から作品が好きだと言っているのがわかると、聞いてるこっちも嬉しくなりますね。


ちなみにウサさんと言えば「英雄*戦姫」のカメハメハちゃんがむっちゃ好きです。
今脳内で流せるくらい甘々な声なんですよね。特に「ハウオリ」の言い方最高。あーもうめっちゃハウオリ幸せボイスです


そしてこのタイミングで同じく壇上で静かに行われていたすめらぎ琥珀先生のサイン列に並びます。

20141002_10.jpg

すめ様に差し入れを無事お渡しし、ゲームパッケージにサインを書いてもらいました。やったぜ!

そうそうすめ様のサイン会ってこういったカタチだと初めてだったとか。
そんな初めてに参加できたとは身に余る光栄・・・んー嬉しい!


そしてトークの続き。質問内容が確か
「食事のシーンが多く出てきますが・・・真(主人公)にどんな料理を作ってあげたいか」のような質問だったと思います。

それでそうめんと天ぷらがいいということになって、
メ「ウサちゃん天ぷら作れるの?」
ウ「天ぷらって揚げるだけですよね?
メ「うーん、不安だなぁ(笑)
メ「心配だから一緒にやろっ」


そしてメイメイさんのムチャぶりがw

メ「今ね、ウサちゃんにとある歌を歌ってもらいたいの」
ウ「はい、何ですか?」
メ「私が歌うからこれを歌ってね」
メ「Fカップーはもてあーまーすー、Cカップーはーごひゃくえんー」
ウサさんがあわあわしつつもそれを歌って、
メ「どういう意味の歌だと思う?」
ウ「えっ?えっ?カップ?500円だから…大きさ?」
メ「乳輪の?」→会場笑い
ウ「えっ?えっ?あ、はい、えっとじゃあ硬さ?」

なんかもうアワアワしながらスゴイことをウサさんが色々仰ってました。
ウサさんかわいいなぁ。桐谷華さんと同じくらい見守りたい可愛さがありましたw
ちなみに元ネタは湘南デストラーデという芸人さんのネタのようでした。



■ジャンケン大会
たまさんが持って来られた秘蔵のプレゼント達が登場
プレゼントは以下の通り(ちょっと合ってるか自信ないです)
----------------------------------------------
・出演声優サイン色紙
内訳(順不同)
 ・秋野 花 さん
 ・かわしま りの さん
 ・星咲 イリア さん
 ・桜川 未央 さん
 ・御苑生 メイ さん
 ・藤咲 ウサ さん

・なないろリンカネーション ポスター×5
・なないろリンカネーション テーブルクロス×1
テーブルクロスはすめらぎ琥珀先生が壇上でずっとサインを書かれていたものをプレゼント。かなり大きめでした。

----------------------------------------------

ジャンケンは御苑生メイさんが担当。
メ「私強いのか弱いのかわからないけど、よろしくおねがいします」

まあいつも通り、負けるだろうなーって感じで挑戦。

そしたらなんと、なんと・・・








20141002_08.jpg

「星咲イリア」さんのサイン色紙を戴いてしまいました!!!
※右は発売日イベントで抽選でもらえた由美の複製色紙です。

わああああああやったあああああああああああああああああ!!!!
ジャンケン勝ってこんなにも素敵で一生残るものを頂いたのは初めてです。
イリアさんは超好きな声優さんなので超嬉しいです。由美えろかったよね。
星咲イリアさんのことについてふれるのはこのイベント感想が終わったらしたいと思います。

色紙を勝ち取った人に対してそれぞれメイメイさんが、
メ「その方(該当の声優さん)によろしく言っておきます…(小さい声で)」と仰っていたメイメイさんが面白かったです。
メイメイさんの色紙を勝ち取った人に対しても「よろしく言っておきます…」と言ってて笑ってしまいましたw

藤咲ウサさんの色紙の時はウサさんとジャンケン。
カーテンの隙間からちょろっと手だけを出してジャンケンされました。かわいい

そして滞り無くジャンケン大会は終了。


■閉幕
た「1作目の作品から、こんなにもたくさんお集まりくださって本当にありがとうございます。」
た「スタッフ一同、とても感謝しております」
た「また次のイベントでお会いできたら嬉しいです」

メイメイ、ウサさん、すめらぎ先生、たまさんの締めの言葉にて閉幕。

最後はたまさんと他のスタッフさん達が参加者を見送られました。
たまさんに今日の色紙のお礼とアンケート必ず送りますとお伝えすることができて良かったです。

とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。また次回作でもイベントやって頂きたいですね。


--------------------------------------------------------------------------

この日、ご一緒させて頂いた「B2Fさん」のレポートもお読みになられると面白いと思います。
10/1 秋葉原「『なないろリンカネーション』 発売記念イベント」当選 参加リポート

買わぬ買わんの右往左往は浮き立つほどに浮き立ちて明け暮れないの物語 B2F(ちかにかい)様

--------------------------------------------------------------------------



追記:広告が出てしまう為この記事の日付を10月3日から変更しています(土下座)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ZAGOLの日記帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。