PCゲーム、声優、ネットラジオ、アニメ等に関する雑記。リンク先には18歳未満禁止の所もあるのでご注意ください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はつゆきさくら 感想
SAGA PLANETSさんより2012年2月24日に発売された
『はつゆきさくら』をプレイしました。
「ランス・クエスト マグナム」プレイしてたせいで手をつけるのが大分遅くなってしまった。

※今回は全部ネタバレ無し感想で

「はつゆきさくら」応援CHU!!


メーカー:SAGA PLANETS(サガプラネッツ)
タイトル:はつゆきさくら
ジャンル:アドベンチャー
発売日:2012年02月24日

原画:ほんたにかなえ、とらのすけ、ちまろ
シナリオ:新島 夕

音楽:水月 陵
歌 :KOTOKO/『Presto』
  :結衣菜/ 『メリーゴーランドをぶっ壊せ』
  :fripSide/ 『Hesitation Snow』
  :月子/ 『風花』

キャスト
玉樹 桜 (たまき さくら) CV:山羽みんと
小坂井 綾 (こざかい あや) CV:佐本二厘
あずま 夜 (あずま よる) CV:桐谷華
東雲 希 (しののめ のぞむ) CV:杏子御津
シロクマ CV:涼屋スイ

ラン CV:七原ことみ
サクヤ CV:星咲イリア
竹田 直子 (たけだ なおこ) CV:結衣菜
金崎 恵 (かねざき めぐみ) CV:如月葵
来栖 三木 (くるす みき) CV:田中美智
宮棟 閑 (みやとう しずか) CV:美月
久保 完 (くぼ たもつ) CV:西野みく

河野 初雪(かわの はつゆき) ※主人公=ボイスなし






■最初に

春作品の「Coming×Humming!!」
夏作品の「ナツユメナギサ」
秋作品の「キサラギGOLD★STAR」
そして四季作品の最後を締めくくるこの「はつゆきさくら」

サガプラさんはナツユメナギサからファンになったのですが
今回そのナツユメに近い雰囲気を持つこの「はつゆきさくら」に期待していました。
必ず買うと決めている作品は体験版は基本的にプレイしないんですが、
本編を終えた今体験版をDLしてスキップで流してみたんですけど
「あれで終わる」ならむしろ体験版をプレイしなくて良かったのかなって。
(あの終わりは続きが気になってしょうがなくなってたと思うの・・・w)




■ストーリー

ウサギと少女に出会った不思議な冬物語

河野初雪は、白咲学園3年生。 進学校には珍しい不良学生。
卒業が危ないと言われ、今日もイヤイヤ授業に顔を出す。

今年最初の雪が降った12月。
初雪は旧市街の一画で、真っ白なドレスを着た美しい少女に出会う。
雪に降られながら、少女は一匹のウサギを探して街をさまよっていた。

一夜の不思議な出会い。

そして数日後。 学園にドレスの少女・桜 が転校してくる。
最後の冬へ、初雪を連れて行くために。

めぐる春夏秋冬。 終わる1095日。
やがて冬を越えて、春が訪れる頃。
ついに積もることのなかった雪の思い出を抱いて、少年は立ち尽くす。

初雪から桜まで 卒業おめでとう






■感想

切ないのに笑えて前向きな気持ちにさせてくれる、そんなゲームでした。

基本はシリアスを随所に滲ませた作品であると感じさせながら
日常パートはギャグテイスト満載で積極的に笑わせにきます。
笑いに関してはそれほど求めていなかったのでこれが嬉しい誤算になりましたね。
(シュールな笑いもあったりするよ!)

反面、「明るい学園モノ」を求めている人は痛い目見るかも。
可愛い絵柄でありながら敵意だったり負の感情だったりするものが結構出てきたりするので
学園モノは明るくてナンボの人向けではないのかもしれません。
未プレイでこの作品を気になってる人は一度体験版をプレイされるのがお勧めですね。
(いやホントにこの作品に限っては特に)

主人公の初雪とヒロイン達との掛け合いはホントばかばかしくも楽しくていつまでも見ていたかった。
特に初雪、綾、シロクマの喫茶店メンバーのやりとりは、
ちっちゃい家族を見ているようでほのぼのさせられたんですよね。
(オナ○ー告白のシーンは笑いが止まらなかったよw)


●キャラクター
ヒロインの中では「夜」がお気に入り。
個性的すぎるメンバーの中で一番の常識人且つ一番イマドキの女の子っぽさがイイですね。
からかいがいのあるところもステキ。
夜のCVの桐谷華(きりたにはな)さんが実に面白い演技でしたね。
言葉の緩急、抑揚の付け方などが非常に独特で聴く人を飽きさせないと思います。
wiki見る限りまだ2年もしくは3年くらいの活動暦しかないのにこのレベルは恐ろしい。
(恐らく有栖川みや美さん並にこれからヒロイン役増えていくと思います)

希役に杏子御津さんは最高のキャスティングだったと思います。
一人称「俺」の子でこんなに違和感ないのは初めてでした。
進路指導室でのいちゃいちゃシーンはあまあますぎて見てるこっちが恥ずかしくなったの。
ちょっとお馬鹿な子ってホント可愛い。こんな娘欲しいです。

モブキャラですら全力で笑いを取りに来るのが面白いの何のって。
モブの声優さん達の演技がやたら力入っているので
ボイスを飛ばしてしまうのはかなりもったいない!
特にバレンタイン祭のイベントはモブキャラ大活躍なので必聴です。


●主人公
主人公は、他人に対する接し方をほとんど変えないので良い意味でも悪い意味でもブレない。
空気の読めない発言が多い初雪に対して
「この場面でそういうこと言うのかよ・・・この主人公ないわー」って思うんじゃなく、
「あ、コイツ素直になるのが得意じゃないんだな!」と思ってプレイしてみたら
いつの間にか大好きな主人公の一人になっていました。
(基本的に下ネタを臆すことなく言う主人公は嫌いになれないんだ)


●Hシーン
Hシーンのテキストが独創的でしたね。
あれは笑わせようとしていたんですよね?(笑いましたけどw)
こういう所でもキャラの個性を殺さず書けるのは流石新島さんとしか言いようがありません。
(「喜びの泉」と「もぐもぐ」と「なーご」がツボすぎましたw)


●主題歌
『Presto』が流れるあのシーンは何回見ても泣いてしまいます(3回見て3回泣きました)
悲しい気持ちじゃなくて嬉しい気持ちで泣けるゲームほど良いものはないなぁと。
歌詞とシーンがリンクしているのも素晴らしい。
※ちなみに『Presto』はイタリア語で意味は「急速に」「すぐに」です。
ただこの場合は歌詞の内容から『a presto』の「またね」「また会いましょう」などの意味合いでしょうけれど



●気になった点
誤字修正パッチを当ててもいくつかの誤字があったということと
テキストの整合性が取れていない箇所が数箇所あったことの2点ですね。
こうした間違いに気づいてしまうと入り込んで物語を見ているのに
簡単に現実に戻されちゃうんですよね。
特に誰の目にも判る明らかな誤字があったので、
修正パッチをもう一度配布した方がいいと思います。

※12/03/30 修正パッチ1.02bを公開しました。で誤字脱字はほとんど治っていました。
5人しかいないのに7人って言ってたり、祭日が祭典って書いてあったりの
テキストの整合性の箇所は・・・しょうがないのかな。


メインヒロインが揃って会話するシーンが少なかったのが残念だったなぁ。
少ないのは作品の性質上わかるのですがやはりもっとヒロイン同士の絡みが見たかった。
そのあたりファンディスクで補完してくれたら実に嬉しいので要望をサガプラさんに出すつもりです。

「音声再生時はBGMの音量を下げる」設定(=BGMフェード)が
デフォルトでオンだったのですけどこれ自分結構苦手なんですよねー。
すぐに機能をオフにしちゃったんですけど他の人ってどう感じてるんだろう?

あとゆず茶さんのはつゆきさくら体験版感想の時に思っていたんだけど
キーボードの「A」を押したら「オートモード」になるショートカットキー機能は欲しかったですね。
これ結構使ってる人多いと思うんだ。



●まとめ
「笑えて、泣けて、ほんの少しエロければいい」
そんな作品を求めて普段からエロゲをプレイしていますが
その点に置いてこのゲームは満点に近いです。
はつゆきさくらをクリアした後は暫く別のエロゲをプレイしようという気が全く起きませんでしたしね。

次回作、「四季作品の合同ファンディスク」とか
個人的に期待しちゃってるんですけどどうでしょうかねサガプラさん?

カミハミ:1
ナツユメ2
キサラギ2
はつゆき5

ぐらいの割合でお願いしたいです。




・・・あぁでもイチャラブが足りなかったキャラがいたから
はつゆきさくらオンリーのFDの方がいいような・・・
さらに言えばショートストーリー的なものがいいような・・・あーでもなー(優柔不断





■お気に入りのシーン

20120313_01s.png


ねー、イマドキ「ふぁみこん」はないよねー!

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

感想UPおつかれさまですー。
ほぼ満点とな!かなり好感触だったのですね。
なんだか、自分の「かみのゆ」プレイ時と似てる気がしますw クリア後に他のエロゲをする気が起こらなくなる点とか。
評判もすごく良いし、2月はコレも合わせていっとくべきだったか…!

とりあえずキサラギを崩す仕事を始めようw

> オートモードのショートカットキー
欲しいですよね!これとホイール対応のセットは最近の個人的重要ポイント。
「A」を押してオートになるゲームに当たると、何か共感めいたものを覚えますw

> 「音声再生時はBGMの音量を下げる」設定(=BGMフェード)
私は基本的にONにしてます。せっかく機能があるんなら使おう程度の感覚だけれどw
ただ、普段BGMの音量小さめにしてるので、下がる量を変更できない時は切っちゃいますね。
ゆず茶 | URL | 2012/03/17/Sat 22:04 [編集]
>>ゆず茶さん

おつありです!
ホント久しぶりに感想書きましたw
自分もコレ書いててゆず茶さんが「かみのゆ」に対して書かれたことに
似てるなぁって思いながら書いてましたw

>評判もすごく良いし、2月はコレも合わせていっとくべきだったか…!
それ自分のセリフでもあります!w>かみのゆ
自分のフォロワーさんで、はつゆきさくらとかみのゆプレイした人は
みんな褒めまくってましたね。
ホント満足できるエロゲに出逢えるのは幸せなことですよね。
エロゲって決して安いものじゃないですから。

>とりあえずキサラギを崩す仕事を始めようw
え・・・何で私がキサラギをクリアしてないことを知って・・・

ですね!(激しく同意)

>オートモード
ホイールで使うとかテクいことされていますよねホントw
オートモードのショートカットキーはつけて欲しかったですよねー。
ユーザビリティのクオリティってこういう細かいことから少しずつ上がっていくと思うんです。
はつゆきさくらの感想ページが公式にあるので次回作以降につけてもらえるよう
その旨要望を送ってみるつもりです。

>BGMフェード
ゆず茶さんはON派なのですね。
まぁでもそうですよねぇ。
機能があるってことは使って欲しいってことでつけているんですもんね。
慣れの問題なのかもしれませんね。
次何かのゲームでこの機能がデフォでONになっていたら
そのままにしてプレイしたいと思います。
ZAGOL | URL | 2012/03/18/Sun 00:07 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ZAGOLの日記帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。