PCゲーム、声優、ネットラジオ、アニメ等に関する雑記。リンク先には18歳未満禁止の所もあるのでご注意ください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄昏のシンセミア 体験版をプレイしました
あっぷりけさんから2010年7月22日発売予定の『黄昏のシンセミア』の体験版をプレイしました。
マスターアップされたようでおめでとうございます。

『黄昏のシンセミア』を応援しています!

メーカー:あっぷりけ
タイトル:黄昏のシンセミア
ジャンル:絆を受け継ぐ純愛ADV
発売日:2010 年07月22日
原画:オダワラハコネ
シナリオ:桐月
音楽:鷹石しのぶ
楽曲:Angel Note
歌:佐藤ひろ美/OPテーマ『夏のファンタジア』

キャスト
平山紗弥(皆神 さくや)
夏野こおり(岩永 翔子)
青山ゆかり(春日 いろは)
芹園みや(銀子)

柚木かなめ(岩永 皐月)
青葉りんご(高見 沙智子)
芹沢せいら(南戸 朱音)
有栖川みや美(稲垣 美里)







黄昏のシンセミア・・・黄昏のシンセミア・・・黄昏のナルセミア・・・



タイトル考えた人まじセンスあr○(`・ω・)==○ノД)





以下感想です。
■最初に
プレイした理由は、キャストが好きな声優さんばかり&伝記物だったからです。
伝記物というジャンルはテキストが自分に合わないと、読むのホント辛いですからね・・・(遠い目


■ストーリー

「誰かを残して往く気持ちというのは、どんな気持ちなのだろう……」
山に囲まれた風光明美な御奈神村(みなかみむら)。
天女の羽衣の伝説が残る、大きな神社を中心にしたのどかな場所だ。

大学生の皆神孝介は、夏休みを利用して母の故郷であるこの村を訪れる。
きっかけは叔母から受けたアルバイトの話。
懐かしいこの村では少女たちとの出会いと再会が待っていた。

友人のような実の妹・皆神さくや (みながみ さくや)
疎遠になっていた従姉妹の少女・岩永翔子 (いわなが しょうこ)
幼なじみの神社の巫女・春日いろは (かすが いろは)
そして、村で出会った正体不明の女性・銀子 (ぎんこ)

懐かしい顔ぶれと、新たに知り合う少女との出会いを経て、孝介は少しずつ居場所を作っていく。

――しかし、孝介たちに襲い来る異変が、日常を壊していく。

山童 (やまわろ) という、村に伝わる化け物の話。
生き物を変質させてしまうという神話の薬の正体。
そして、伝承に残る天女とは、いったいなんなのか。

数々の真実を前に、彼らは決断を迫られる事になる――。



■テキスト
最初に書いてた通りこの点を特に心配していましたが、サクサク読み進められました。
笑いに関して、ちょっと弱いかなぁってのが正直な感想です。

公式サイトの「さくや」のキャラ紹介ページに
『兄とのやり取りではボケとツッコミを交互に繰り返す』
と書いてあったんで、本編で2人の漫才なやり取りがたくさん見られることを期待してます。


■システム
一番のポイントはこのフローチャートかと。
ただ単に流れが書いてあるだけでなく、

・シナリオジャンプ機能
・シーン再生機能

があります。

この機能は便利ですね。
特に後者はPCゲームでは珍しい機能なんじゃないでしょうか。
(前作に搭載されてたら・・・スミマセン、コンチェルトノート未プレイなんで。。。)
20100714_05.jpg
シーン再生機能OFF時

20100714_04.jpg
シーン再生機能ON時

シーン再生をONにし、一度見たエピソードのブロックにカーソルを合わせることで、
自動でシーンが流れていきます(声やBGMは流れません)
またCTRLキーでテキストのスキップが出来るので、せっかちな人にもお勧め。
使い方としては、このシーンはどんな流れだったっけ~と確認するって感じですかね。

ただこのシーン再生機能、CTRLキーのスキップで進めていくとわかるんですが
選択肢が出るまでどんどん進めることが出来てしまうんですよね。
そのため、まだ見てない先のシーンまで見られてしまうのは正直どうなんだろうなーと思いました。
・・・次のエピソード(ブロック)に入った時に終了すればいいのではないかと思ったんですがどうでしょうかね。

※追記:本編ではブロックごとにちゃんと終了するようになってました。

20100714_06.jpg

また画面右上の『フラグメント』は、主人公以外のエピソードを別視点で見られる作りになっています。
体験版ではフラグメントのエピソードは一つだけで内容もさっぱりでしたが、
『フラグメント=欠片』だけに、本編ではこれらをつなぎ合わせて見たら
物語の全容が明らかになる―って感じでしょうかね。


■キャラ(メインヒロイン4人)
『黄昏のシンセミア』を応援しています!
・皆神さくや(CV.平山紗弥)
主人公の『実妹』
この物語ではこの娘がキーみたいだけど今のところそんな感じが全くしませんでした。

黒髪ロング、丁寧口調、中の人補正があるので一番好きです。
主人公とさくやの関係が自然な感じでイイですね。

『黄昏のシンセミア』を応援しています!
・岩永翔子(CV.夏野こおり)
主人公の従兄妹にあたる女の子。
昔と違いおとなしい子になってしまったとあるけれど、
その理由が何かあるみたいなので気になるところ。
プロローグ後半で主人公の呼び方が変わります。

夏野さんの妹キャラなんて鉄板に鉄板を重ねた安全性すな。
スク水は新型か・・・旧型の方が好きなので是非そっちも着て欲しいところだな(キリッ

『黄昏のシンセミア』を応援しています!
・春日いろは(CV.青山ゆかり)
主人公が御奈神村に住んでいた頃の幼馴染。
神社の娘で明るくさっぱりした性格。
物語一番のきょぬーさんのよう。
巫女属性がないので、中の人補正で頑張りたいです(ぉ

『黄昏のシンセミア』を応援しています!
・銀子(CV.芹園みや)
主人公のことを一方的に知っている謎の女性。
クールで知的な見た目に反し、意外とお茶目な性格。
セクハラっぽいことをしかけてきて恥ずかしがるとか可愛い過ぎです。

名前も住んでいる場所も正確には不明な点、
存命だった頃の主人公の母親と交流があったという点、
化物に関しても何か知っているような口ぶりであることなどから、
この物語でさくやに次いで肝となる感じがひしひしとします。


ここから下はサブキャラ
『黄昏のシンセミア』を応援しています!
・岩永 皐月(CV.柚木かなめ)
翔子の母親。主人公の叔母にあたる。
優しいが怒るとすごく怖いらしい。夫は単身赴任中。
どうやら攻略はできないみたいです(攻略できたらドロドロな話になっちゃうか・・・

『黄昏のシンセミア』を応援しています!
・高見 沙智子(CV.青葉りんご)
翔子のクラスメイトでおばあちゃん子。
昔は翔子と仲が良かったみたいだが今は翔子のことを嫌っている?
何かと主人公につっかかる・・・けど自爆するので憎めないキャラ。

『黄昏のシンセミア』を応援しています!
・南戸 朱音(CV.芹沢せいら)
いろはの神社の先輩巫女さん。
神社の娘のいろはより先輩である理由は持っている巫女の資格や年齢が上である為。
春日神社に就職した理由はなかなか切ない理由でした。
・・・声はきっとどこかで聴いたことある気がしないでもない。

『黄昏のシンセミア』を応援しています!
・稲垣 美里(CV.有栖川みや美)
翔子と紗智子の担任にあたる正義感の強い女性。
主人公が子どもの頃、近所に住んでいたお姉さんでもある(と言っても子どもの頃、同じ通学班であったことぐらいの関係)
みやびん、あかべぇブランド作品の出演率の高さが上がってますね。


■最後に
体験版だけだとどんな物語なのか掴みづらかったってのが正直な感想ですね。
伝記モノって感じがあまりせず、普通の田舎帰省恋愛モノ色が強かったのもありますし。
謎の影の化物、天女伝説の話、良く分からん石が出たりしましたけど、
この後これらの要素が主人公達にどう関わるのか全く予想がつかないです。

これらの要素がうまく絡み合い謎が解き明かされた時、この作品がどう化けるのか・・・その点に期待してます。
ヒロインのさくやが、実妹なのに付かず離れずのスタンス(特に電話とメールのやり取り)が
自分的にツボだったことと、中の人補正で楽しみな点もあります。
さくやが敢えて実妹と明記されていることがシナリオに深く関わっているらしいことも気になりますね。

懸念事項は物語の謎が解き明かされた時、それが期待値に見合うのかなぁってことと、
笑いの要素が少なく感じられたこと(悪友ポジションがいない点などから)
ここ最近のあかべぇブランドに於ける作品のバグの多さですね。
・・・たまには発売日にパッチをDLしないでプレイしたいっす。
追記:こちらの心配はなくなりました。

でもまぁなんだかんだで続きが気になるので購入は確定してます。
実はもう先月頭に予約してますしね。
20100620_01.jpg



追記:5分でわかる!黄昏のシンセミア!を読んだらもっと欲しくなってきました。
・・・さくやは最後に攻略、最後に攻略・・・っと。。。



■その他
20100714_01.jpg

うん、それ無理



■プレイ時間
4~5時間(※ボイスノーカットで読み進めて)

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

あっぷりけはスタッフ全員外注で、今まで一度もバグ出してない(誤字と演出修正だけ)なので、今回も大丈夫じゃないかと思ってます。
コンチェルトノートの時にもフローチャートありましたが進化してますね
| URL | 2010/07/14/Wed 14:30 [編集]
体験版部分、けっこう長かったみたいですね。
それでも全体の7、8%ぐらいみたいで。

最後の絵が激しく気になるので
メインヒロインっぽいキャラが実妹ということで購入決定しました(笑)
shin5 | URL | 2010/07/14/Wed 21:24 [編集]
>>ななしさん

>バグ出してない
・・・それを聞いて驚きが隠せない僕ですw
でもとても良いことを聞かせて頂きました。ありがとうございます♪
しかしバグ出してないところは外注じゃない
本家のスタッフさんも見習って欲しいところです。

>フローチャート
なるほど前作にもフローチャートあったんですね。
ただ単に使いまわしじゃなく、更に進化してるってのがまたイイですね。
それにしてもこのシステムを作った方、まじすげぇとしかいいようがないです。



>>shin5さん

ゲームをプレイする速度があまり速くない自分ですけど、結構かかりましたね。
体験版はプロローグ全部と、本編の一部分を体験できるものでした。
ちなみにHシーンなどはありませんでしたね。

>絵
『このはし渡るべからず』って書いてあったら渡りたいですか??
僕はイヤですw

>メインヒロインっぽいキャラが実妹ということで購入決定しました(笑)
フフ、shin5さんも好きモノですねw・・・僕も好きですけれどw
さくやは良妹になる気がしてならないのですよ♪
ZAGOL | URL | 2010/07/15/Thu 02:49 [編集]
あっぷりけは3作ともシステム独自に作っていれてますが、3つともシナリオ担当の桐月さんの設計だそうです。実装はワムソフトさん。両方とも外注です。
本家はバグばっか出してるので、姉妹ブランドで同一視されてしまって、その辺りが埋もれてる(公式HPの御奈神村報なんかまで読む、あっぷりけファンくらいしかしらない)のがもったいないですね。
| URL | 2010/07/15/Thu 19:03 [編集]
>>ななしさん

なるほどシステムの設計はシナリオの桐月さんで開発実装がワムソフトさんですか。
この独特なシステムはあっぷりけとしての特長とも言えるものなのでしょうね。

>姉妹ブランドで同一視されてしまって、その辺りが埋もれてる~
・・・僕みたいに思う人がたくさんいるでしょうね(汗
正直な話シンセミアの体験版やる前は、
『あかべぇブランド=バグ』のイメージがあったので、
ゲームは予約してましたけど体験版やらなかったら買うつもりはなかったと思います。

あっぷりけは、あかべぇブランドとは別認識で見たほうが良さそうですね。
ゲームプレイするの楽しみになってきました。色々情報ありがとうございます。
ZAGOL | URL | 2010/07/15/Thu 22:45 [編集]
無事マスターアップしてようやく安心ですww
あっぷりけはこのフローチャートとかをうまく使った独特なシステムが結構好きです。
全作からさらに改良されていますし、楽しみですw

自分も真っ先に翔子を攻略して最後にさくやの予定です♪
なんたって黄昏のナルセミアですからね(キリッ
不知火 | URL | 2010/07/16/Fri 03:00 [編集]
>>不知火さん

マスターアップ報告がないと不安ですもんねーw
『星空へ架かる橋』も今月30日発売だったのが
いつの間にか8月27日に延期してしまってますしね。。。
ちなみに調べたら6回目の延期のようで・・・

>フローチャート
いいですよねーコレ。ゲーム本編では更に使いやすくなってるらしいですよ♪

>自分も真っ先に翔子を攻略して最後にさくやの予定です♪
((o(・ω・)人(・ω・)o)) ナ・カ・マ♪

>なんたって黄昏のナルセミアですからね(キリッ
堂々と言っちゃらめぇww
お気に入りのさくやがラストに攻略できるのは嬉しいですw

発売まであと5日ですねー。
ZAGOL | URL | 2010/07/17/Sat 00:38 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ZAGOLの日記帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。