PCゲーム、声優、ネットラジオ、アニメ等に関する雑記。リンク先には18歳未満禁止の所もあるのでご注意ください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車輪の国、向日葵の少女 感想
あかべぇそふとつぅさんより2005年11月25日に発売された
『車輪の国、向日葵の少女』をプレイしました。
やろうやろうと思っていたら、買ってから数年の月日が流れてた・・・ふしぎ!

車輪の国、向日葵の少女

メーカー:あかべぇそふとつぅ
タイトル:車輪の国、向日葵の少女
ジャンル:ヒューマンドラマADV
発売日:2005年11月25日
原画:有葉
企画・シナリオ:るーすぼーい
プログラム:憲yuki
歌 :片霧烈火/OPテーマ『紅空恋歌 (あかぞられんか)』
  :片霧烈火/挿入歌 『そらの隙間』
  :片霧烈火/エンディングテーマ 『祝福の大地、暁光の世界』

キャスト
日向夏咲(ひなた なつみ) CV:新城麻奈
三ツ廣さち(みつひろ さち) CV:芹園みや
大音灯花(おおね とうか) CV:紫華すみれ
樋口璃々子(ひぐち りりこ) CV:籐野らん
南雲えり(なぐも えり) CV:倉田まりや
まな CV:神月あおい
卯月セピア(うづき せぴあ) CV:盛啓介
大音京子(おおね きょうこ) CV:風音
法月将臣(ほうづき まさおみ) CV:さとう雅義




※ここからネタバレなし感想


■最初に

買ってから数年も温めてたこの作品をプレイしようと思ったキッカケは、
ニコニコ生放送の放送を観ていてそこの生主さんがこの作品を激しく推していたからです。
この作品の『仕掛け』がすごいとその放送主さんが仰っていたのを聞いて
以前プレイした『G線上の魔王』のような伏線があるのではないかと期待してすごくプレイしたくなったからです。


■ストーリー

罪を犯すと『特別な義務』を負わされる社会。
罪人を更正指導する『特別高等人』という職業を目指す主人公・森田賢一は、
その最終試験のため、とある田舎町を訪れる。
『1日が12時間しかない』『大人になれない』などといった義務を負う少女たちと学園生活を送るが、
『恋愛できない』少女・夏咲と出会ってから、賢一の歯車が狂いだす。
崖にひっそりと建てられた自分の墓、山間洞窟に隠された父親の遺産が次々と賢一を追い詰めた。
贖罪を問われることになった男が見た、車輪の国の真実とは……。
重厚な世界観を軽妙なタッチで描いた、感動のヒューマンドラマ。



■感想

名作と言われる所以を少し理解した気がします。

最初のシーンのインパクトからして物語の引き込み方が上手いと思いました。
期待していた『仕掛け』ですがその中身、内容を知った時に鳥肌が立ちました。
更に驚いたことはその仕掛けが一つだけではないところですね。
一つ驚いたと思ったらまた驚かされ、もう驚かされないぞと思ったらまた驚かされ・・・

・・・このライターさんにしてやられてばかりでした。
でも気持ちよく騙されたって感じでしたね。

そして最終章に入ってからの展開の盛り上がり方がとても好きでした。
(最終章に限っては一気にプレイしてしまったくらいです)
あと時々テキストタイプがノベル形式になったりで見せ方も凝っているなぁと思いました。

この作品は色々と考えさせられる作品でしたね。非常に面白かったです。




■お気に入りキャラ
まな、さち、法月


■お勧め攻略順
誰からでもOKかと





※下記より完全にネタバレありの感想です。
続きを読む
スポンサーサイト
Copyright © ZAGOLの日記帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。