PCゲーム、声優、ネットラジオ、アニメ等に関する雑記。リンク先には18歳未満禁止の所もあるのでご注意ください。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11eyesプレイ終了 雑感
アニメ放映の前に無事終わらせられました。
(アニメ放映は来週からですよー)


以下"11eyes-罪と罰と贖いの少女"の雑感です。
ネタバレっぽいものはないと思います。。。



・ストーリー
時と場所を選ばずにやってくる赤い夜のせいで日常を壊されていく主人公達…
赤い夜の世界で主人公達に迫りくる敵達…
敵の目的も、巻き込まれたのがなぜ自分達だけなのかという理由も
わからないまま生き残るためだけに敵と戦う…
深まっていく仲間の絆…
赤い夜を越える度に明かされていく謎…

飽きることなく読み進められるシナリオは秀逸な出来でした。



・キャラクター
4人のヒロインはみんな可愛いですね。
→と言いつつ栞が可愛すぎますねww(C.V.井村屋ほのかさん
「だまれ。あっちいけ」ってセリフが
さくらシュトラッセのルゥリィを感じさせます。
栞ルートはPC版じゃなくて、360版にあるって聞きましたけど
…主人公チガクネ?w
駆君で攻略したいんですけど…できる感じが全くしない…w


お気に入りキャラ
栞>菊理>美鈴=ゆか=雪子


男連中もイイ味出してる。
賢久と匡とマスターの組み合わせは面白すぎw
ツィベリアダでゲームしてる時とかすごい笑ったよ。
主人公も最初のネガティブ人間だったころに比べてメチャクチャ明るくなったし。
ただ周りの個性が強すぎて、ちょっとカゲ薄かったのが残念かもw


・システム
システム回りは、特に不自由はないかな。
パッチ当てなくてもほとんど気になる点はなかったし。

このゲームで最大の特徴と言えるクロスビジョンモードが面白いね。
(サイレンをやっていた自分としてはこういうのは大好きですw)
別の視野から出来事を見られるってのは物語を深く知ることが出来るからね。

でもクロスビジョンモードのシステム上、
ちょっとストーリーのテンポが悪く感じられたかな。
主人公が戦っている時に、他の場所で別の仲間が戦ってる姿を描くとかは
アニメだったら普通だろうけど、
ゲームだと自分でクロスビジョン選択して、
開放されたシナリオ選んで~ってしなきゃいけないからちょっとテンポ悪い。

あとクロスビジョンモードが終了したら
ちゃんと終了しました的な文言を入れてほしかった。
…クロスビジョンモードの話が終わったのに気づかないまま
流れでエンターキー押してまた同じクロスビジョンモードの話に
入ってしまうことが何回もあって悲しくなったww


・選択肢
ちょっと理不尽とも思える選択肢も3daysに比べたら、アメちゃんですねw
そもそも、こんな苛烈な戦いの中で取るべき行動を一つ間違えたら
即バッドエンドってのも考えてみたら当たり前だよねw
…ホント3daysがやりたくなってくるよw


・音楽
BGMに関しては、全体的にイイ感じ。

OP&挿入歌は彩音さん
OPの"Lunatic Tears..."は特にこの物語を表していて素晴らしく良い曲になってます。
てかLunatic Tears...の歌の冒頭の部分って
よく聴くとあの人たちの名前を言ってるんだね。
ゲーム終わってから気づいたからヘンに興奮しましたww

挿入歌"忘却の剣"がかかる場面が最高でした。。。
この歌はカラオケでよく歌ってたけど、
次歌ったらあの場面を思い出して、多分泣きますww

EDはAsrielの"穢れなき夢"
Asrielの歌をまともに聞いたのはこの歌が初めて。
こちらの歌もなかなか…ん~、Asrielの歌集めようかな。。。



・最後に
いやあ、かなり面白かったこの作品。
…次の日が仕事でも、朝4時までプレイするほどにハマりましたww
今までずっと積んでいた自分を悔やんでいますw

11eyesを始めてすぐに思ったことはこの世界観…
…ゲームのSiren(サイレン)を思い出しましたw
("赤"い夜とか、ラルヴァとかが)
ちなみにサイレンは1と2は結構やりこみましたw
PS3のサイレンも機会があれば買おうかなと思ってます。

広原とか草壁の名前とか○○○○○(某ベ○ータ様)の名前とか…
3daysをプレイした自分としてはかなりにやにやものでしたww
…月子の名前が出てきた時にはかなり吹きましたがw

CVに至ってはこれ以上はないと言えるキャスティング。
ただ菊理先輩の声が聞けるのは先輩ルートの最後の方だけってのは
かなりもったいないと思いました。。。

あと戦闘シーンの効果音、もっとパターン用意して欲しかった。
ナイフの音と、刀の音が一緒なのが…(キンキンって音が軽すぎて微妙な感じでした)

共通ルートがほとんどなので、
個別ルートがないようなものなのがかなり残念でしたね。
そのせいで主人公とヒロインが結ばれる理由が弱いなぁと思いました。
物語の締め方も賛否両論なのではないかと思いましたね。

それでも全体的にシリアスな場面と笑わせる場面の使い分けが
巧いストーリーになっているので、やって損はないと思いました。




兎にも角にも面白い作品でした。
360版も機会があったらやってみたいですね(ハコ持ってないのでそこからですがw
Copyright © ZAGOLの日記帳. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。